今の治療で本当に治るの?

トップページ  >  今の治療で本当に治るの?

歯周病が治らずにお悩みのみなさまへ

もう何年も歯周病治療を受けているけど、良くならない……。歯周病は完全に治ることはない……。歯周病は一生付き合っていく病気だ……。

このように思い込んでいる患者様がいらっしゃいますが、こういった認識は大きな誤りです。たしかに歯周病は治療が難しい病気ですが、治る病気であることは間違いありません。ですから、あきらめて治療をおろそかにしないでください。

イメージ

「何年も歯周病治療に通い続けている」「歯ぐきの腫れを薬だけで抑えている」「毎回、歯石除去しかしてもらっていない」……このようなみなさまは間違った治療を受けている可能性があります。だとしたら、そのまま治療を受けていても歯周病は治りません。

歯周病治療におけるトラブルのほとんどは、専門医がいない医院で起きています。症状が軽い歯周病なら大抵の歯科医院で対応できますが、症状が重くなってくると話は違います。専門医でないと適切な治療法を選べず症状を改善できないこともあり、「一生付き合っていく病気だから」という言い訳をして患者様に長期間の通院を強いる医院もあるようです。

難しい治療だからこそ専門医に

イメージ

歯周病治療は、歯周外科手術や再生治療、インプラント治療や矯正治療、咬み合わせや被せ物、入れ歯などの治療全般がしっかりできる医師でないと、なかなか成功へと導けません。満足のいく治療を受けるためには、総合的な知識・技術を持つ専門医に相談するのが近道だと言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る

栗林歯科クリニックにお任せください

イメージ

当院では、充実した設備環境のもとで綿密な診査・診断を行い、経験豊富な歯周病専門医が精度の高い治療を行っています。

例えば、ぜんそくの子が田舎に行くと症状が改善することがあります。しかし、都会に戻ってきてしばらくするとまた症状が現れます。歯周病もこの例と似たところがあり、理想的な口腔内環境を獲得してその状態を長くキープできると細菌が棲みにくくなりますが、ひとたび口腔内環境が悪化してしまうと細菌が増えて再び歯周病になってしまうのです。

イメージ

そのため、当院では歯周病が改善したらインプラント治療や矯正治療を駆使して、理想的な口腔内環境をつくってからメインテナンスに入っています。中途半端な状態でメインテナンスに入っても、その効果は徐々に落ちてきてしまいます。しかし、良い状態でメインテナンスに入れば、その状態をずっとキープしていけるのです。

栗林歯科クリニックはまだ開院して日が浅い歯科医院ですが、以前勤務していた歯科医院、東京医科歯科時代の患者様も数多くメインテナンスをさせていただいています。完治した後もとことんサポートする――これが当院の歯周病治療の基本です。

ページの先頭へ戻る