矯正治療の重要性

トップページ  >  矯正治療の重要性

重度の歯周病治療を終えた方のための矯正治療

イメージ

重度の歯周病を患うと、顎の骨が溶けてしまうため歯並びが乱れてしまう患者様が多くいらっしゃいます。歯周病治療が終わったからといって、乱れた歯並びをそのままにしておいてはいけません。これは、乱れた歯並びをそのままにしておくと見た目が悪いだけでなく様々な悪影響があるからです。

栗林歯科クリニックでは、歯周病もしくは歯周病治療で歯並びが乱れてしまった方に矯正治療をおすすめしています。

乱れた歯並びをそのままにしておくと……

乱れた歯並びは、見た目以外にも様々な悪影響を及ぼします。場合によっては他の歯の寿命を縮めてしまうこともありますので、早めの対策が必要です。

機能面での影響
  • 歯並びが乱れていると歯垢が溜まりやすいため、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 歯が前に出ている場合などは、口腔内を傷つけたり、歯が折れたりしやすくなる
  • 歯並びが乱れていると無意識に顎を前後左右にズラして食べる癖がつくことがあり、顎関節症を引き起こす場合がある
審美面での影響
  • 見た目が気になってコンプレックスになる
生活面での影響
  • 食べ物をしっかり咬めないまま飲み込んでしまうことで胃腸に負担がかかる
  • 歯と歯の間に隙間ができていると、そこから息が漏れて発音が悪くなる
ページの先頭へ戻る

栗林歯科クリニックの矯正治療

以下は、当院が取り扱っている矯正装置(矯正方法)です。患者様の症状やご要望に合わせて、最適な治療をご提案させていただきます。

メタルブラケット

イメージ

金属製の矯正装置で、歯列矯正に用いられるもっとも一般的な装置です。薄く作製でき、丈夫で壊れにくいのが特徴です。他の装置に比べて安価で、幅広い症例に対応できますが、金属が目立つのがデメリットです。

セラミックブラケット

イメージ

セラミック製の矯正装置で、白や半透明なので目立ちにくいのが特徴です。メタルブラケット同様に幅広い症例に対応できますが、メタルブラケットに比べると強度がやや劣ります。治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

裏側矯正

イメージ

矯正装置を歯の裏側に付ける矯正方法で、「舌側矯正」「リンガル矯正」とも呼ばれます。外側からはまったく見えず、矯正治療をしていることは分かりませんので、誰にも気付かれないまま歯並びを整えることができます。

インビザライン

イメージ

透明なマウスピース状の装置(クリアアライナー)を使った目立たない矯正法です。コンピューターで歯の移動を三次元的にシミュレーションしてクリアアライナーをいくつか作成し、治療終了まで順次取り替えていくことで歯並びを整えていきます。ブラケットのような異物感はほとんどなく、自由に取り外しできるため食事の妨げにならず、ブラッシングもきちんと行えます。

外科矯正

イメージ

装置を用いた矯正治療だけでは歯並びを整えることができないケースがあります。このような場合、通常のワイヤーとブラケットを歯に付けたうえで、顎の骨の外科手術と併用して歯並びを整えるのが外科矯正です。

ページの先頭へ戻る

矯正治療例

イメージ

矯正治療と歯周外科、審美的なかぶせもので対応しています。歯肉の形なども見た目に非常に影響を及ぼします。

イメージ

歯並びを主訴として来院されました。歯ブラシなどもしやすくなり、管理もしやすくなりました。

イメージ

矯正により歯並びと審美的な治療を行いました。かみ合わせもよくなり、管理もしやすくなっています。

イメージ

下の前歯が見えない事、かみ合わせが主訴でした。現在は改善し、非常に口元がきれいになっています。

ページの先頭へ戻る